宅地建物取引主任者とは−宅建資格講座&仕事情報
宅地建物取引主任者とは


 宅地建物取引主任者は、土地・建物の売買等の取引をする為に必要な資格です。
 不動産会社、土地・建物の取引を一緒に行う建設会社で働く時にこの資格は重宝されます。
 不動産の売買・貸借時に、物件について事前に重要な事項をお客さんに説明する専門家です。
 宅地建物取引主任者ができる仕事は、言いかえると宅地建物取引主任者でなければできない仕事とも言えます。
 このできない仕事とは、重要事項の説明や説明書への記名押印、37条書面への記名押印の3つです。
 結果できる仕事は3つだけですが、不動産業を営む上では必要なものです。
 なので不動産業の事業所で5人に1人以上の割合で宅建主任者を配置しなければなりません。
 不動産関係の仕事に就く人には非常に有用な試験です。実際、雇用時には宅建の資格がある場合に優遇されているようです。
 また雇用だけでなく独立開業も可能になります。資格を持っていれば自分で不動産の取引ができるようになります。



Copyright(C)
宅建資格講座&仕事情報

宅地建物取引主任者とは−宅建資格講座&仕事情報
[PR]看護師 転職情報