なぜ宅地建物取引主任者は必要?−宅建資格講座&仕事情報
なぜ宅地建物取引
主任者は必要?


 不動産業者は、業務に従事する取引主任者の割合が従業員の5分の1以上でなければならないとされています。
 例えば業者の本店で、勤務する従業者が20人であれば4人は取引主任者として常勤する人でなければならないし、従業者が6人いる支店でも、2人は取引主任者で常勤する人でなければなりません。
 これと別に契約の申込み等ができる不動産フェアーの会場、マイホーム買い換え相談会場等にも1人は常勤する取引主任者を置かなければならないともされています。
 この事から、取引主任者が数に満たない場合は宅建業者として免許を受ける事ができず、そして既に免許を受けている宅建業者も取引主任者がこれらの数に満たなくなると、早急に取引主任者を補充しなければ営業を続けられないのです。



Copyright(C)
宅建資格講座&仕事情報

なぜ宅地建物取引主任者は必要?−宅建資格講座&仕事情報
[PR]転職 正社員