宅地建物取引主任者の仕事−宅建資格講座&仕事情報
宅地建物取引主任者の仕事


 宅地建物取引業法で、消費者を保護する為に、顧客と取引する際に守らなければいけない規定が数多くあります。
・宅建業者は取引物件の買主・借主等に対し、契約するまでの間に取引物件の重要事項を記載した書面を渡し、その内容を説明しなければならない。
・宅建業者は取引物件の契約が成立すれば、その当事者に対し契約内容を記載した書面を渡さなければならない等の規定がありますが、これらの業務に関し、重要事項の説明、重要事項説明書への記名・押印、契約成立後に交付すべき書面への記名・押印は、取引主任者がしなければならないと定められてます。
 取引主任者がしなければ、宅建業者は宅地建物取引業法違反となります。
 このように、取引主任者は宅建業者に必要不可欠な資格なのです。



Copyright(C)
宅建資格講座&仕事情報

宅地建物取引主任者の仕事−宅建資格講座&仕事情報
[PR]在宅 高収入 バイト