宅地建物取引主任者試験情報−宅建資格講座&仕事情報
宅地建物取引主任者試験情報


【宅建試験の日時】
 試験は年1回、毎年10月の第3日曜日に行われます。
 試験時間は午後1時から午後3時まで。
【受験資格】
 資格を必要なく、誰でも試験を受ける事ができます。
 試験は4肢択一式で50問出題されます。
【合格ライン・合格率】
 毎年同じではありません。その年の受験者数や試験問題の難易度等により違います。
 35問以上正解すれば、ほぼ合格の安全圏内と考えれば良いと思います。
【合格者の発表】
 例年12月の第1水曜日に発表されます。
 合格者本人に合格証書が送付され、不合格者への通知はありません。
 その後、一定期間内に各協力機関の指定した場所に合格者名簿が掲示されます。
 試験は、宅地建物取引業に関する実用的・基本的な事項について幅広い知識を有し、その知識が全般に及んでいるかを判定する事に基準を置くものとされています。
 ただし、財団法人不動産流通近代化センターが行う指定講習を修了した人が受験する場合、修了日から3年以内に実施される試験は科目の一部が免除されます。


Copyright(C)
宅建資格講座&仕事情報

宅地建物取引主任者試験情報−宅建資格講座&仕事情報
[PR]ニチイ・ユーキャン 医療事務