宅地建物取引主任者の将来性−宅建資格講座&仕事情報
宅地建物取引
主任者の将来性


 不動産業は日常生活から切っても切り離せません。なので今後無くなる事はない仕事と言えます。
 ですが不動産業界は大きく様変わりしつつあります。
 今まで、地域密着型の多かった不動産仲介部門への、大手不動産会社の直営やフランチャイズチェーン等の店舗展開等が影響し、仲介専門不動産会社も顧客密着型に転換をしようとしています。そんな変化の中では当然、宅建主任者の位置づけも変化せざるを得ません。
 営業担当者として、接客面での働きと、顧客の立場に立ったコンサルタントとしての働き、不動産取引の専門家としての働き等、今以上に必要になります。
 宅建主任者を5名に1名以上を置く事とする基準は、今後引き上げられる可能性があります。
 しかし重要性が高くなるからといって将来性が保証されるわけではなく、将来は宅建主任者1人ひとりの努力にかかってきます。
 ですが宅建主任者の役割・期待が大きくなっていく点では、将来性は非常に明るいと言えます。



Copyright(C)
宅建資格講座&仕事情報

宅地建物取引主任者の将来性−宅建資格講座&仕事情報
[PR]中古車 査定/ じゃらん 温泉/ 探偵・浮気調査