宅地建物取引主任者のメリット−宅建資格講座&仕事情報
宅地建物取引
主任者のメリット


 宅建主任者は誰でも受験でき、受験者が毎年20万人を超える人気の高い国家資格です。
 不動産業のプロとしてのイメージが強いですが、一般企業や日常生活の中でも活躍の多い、非常にメリットのある資格です。
 取引の契約では重要事項の説明等、宅建主任者が行う独占業務が法律で決められています。
 なので不動産業・ハウスメーカーで働く人にはスタンダードな資格であり、キャリアアップする為の必須資格と言えます。
 不動産取引で、資格は知識を持つ事の客観的な証明となり買い手の安心感に繋がります。
 もちろん資格は会社からもしっかり評価され、業界への転職を考える場合にもアピールしやすいと思います。
 宅建は合格者全体の約27%を女性が占め、他の建築関連資格と比べ非常に高い割合になっています。
 育児が一段落して再就職を考える人、結婚後も仕事を続けたい人、家を管理・運用する為に知識を持ちたい人等、目的は様々です。
 実際、男性と比較して女性の方が高い合格率を示し、合格された方は資格や得た知識を活かしています。



Copyright(C)
宅建資格講座&仕事情報

宅地建物取引主任者のメリット−宅建資格講座&仕事情報
[PR]賃貸マンション格安